Volkswagenの理念 ドイツの走行事情

距離と速さ、日本以上の走りが求められる。

ドイツと日本では、求められる走行性能に大きな違いがあります。ドライバーの年間平均走行距離はドイツが約2万kmで、日本は半分の約1万km。また、速度無制限のアウトバーンがあり、一般道の最高速度も100km/hになっているところもあります。ドイツのクルマには、高性能を長く維持する能力と、速く安全に走れる能力が求められるのです。
フォルクスワーゲンはただ燃費がいいだけのクルマを良しとしません。高度な走行性能がもたらすドライビングプレジャーは欠かせない要素であり、実際、新車開発のプロセスには「Feel Performance Index」という走りの楽しさを評価する項目があります。そして、ハンドリング性能やブレーキ性能、100km/hから140km/hへの加速などをトータルに追求しています。こうした生い立ちにより、Golfの走りにはすべてに余裕が生まれます。

ドイツの走行事情
高速走行テスト
Page Top